まとめ

美味しいウォッカまとめ

ウォッカ

 

皆さんのウォッカに対するイメージはどんなものですか?
極寒のロシアで体を温めようと飲まれているイメージじゃないでしょうか?

蒸留を繰り返し、白樺の炭でろ過をして造られる為、ニオイ、強いクセ、色がほとんど無く、そのクセのなさが特徴とも言えます。

その為、よくカクテルのベースに使われますが、キンキンに冷やしたウォッカをストレートで飲むのもおすすめです。(レモンやライム、塩などと一緒に飲むと、とてもおいしいです。)

ここではプレゼントにも最適、おすすめのウォッカをまとめました。

 

 

シロック


シロック [ ウォッカ 700ml ]

産地:フランス
アルコール度数:約40%

ちょっと変わったブドウから造られているウォッカ。
と言ってもフレーバードウォッカではなく、麦やジャガイモなどの代わりに、ブドウを原料として造られています。
また、高級ワインの製法にも用いられる低温抽出、低温発酵、低温貯蔵など製法にもこだわったプレミアムなウォッカです。

ブドウの香り、ほのかなレモンやライムなどの柑橘系の香り、シトラス香が感じられる後味、軽やかな味わいが魅力的です。
カクテルはもちろん、是非ロックやストレートで飲んでいただきたい一本です。

 

 

スピリタス


スピリタス [ ウォッカ 500ml ]

産地:ポーランド
アルコール度数:約96%

アルコール度数96%と世界最強のお酒として有名な「スピリタス」
70回以上の蒸留を繰り返し、96度と非常に高いアルコール度数に仕上げられています。

このスピリタスは飲み方を間違えると非常に危険なお酒です。
(1)間違ってもロックやストレートで飲まないで下さい。(急性アルコール中毒になる危険性があります。)
(2)スピリタスを飲みながらの喫煙はやめて下さい。(タバコの火が引火する恐れがあります。)

ポーランド伝統のスピリタスの飲み方は、果実をスピリタスで漬け込み、果実酒を造ります。
そしてその果実酒を炭酸などで割って飲みます。
アルコール度数が高く、早くエキスが抽出されるので、スピリタスは果実酒を造るのに最適です。
この飲み方が一番おすすめですが、強いお酒が好きな方にはカクテルのベースとしてもおすすめです。

スピリタスをそのままプレゼントするのは向いていませんが、オリジナルの果実酒を造ってプレゼントしてみるのはどうでしょうか?

 

 

アルティメットウォッカ


アルティメット ウォッカ 40度 750ml

産地:ポーランド
アルコール度数:約40%

超有名テキーラ「パトロン」ブランドなどを製造・販売する「プレミアム・スピリッツ・カンパニー」のプレミアムウォッカ「アルティメットウォッカ」

ウォッカ発祥の地ポーランドの中でもミネラルが豊富な土壌で取れた小麦、ライ麦、ジャガイモを原料としており、ウォッカに3種類の原料を用いるのは世界初です。
小麦、ライ麦、ジャガイモの3種類の個性、良さが合わさり繊細さ、スムースな口当たり、そして深みのある複雑な味わいが特徴です。

また、コバルトブルーのボトルはクリスタル製で、1本1本熟練の技で造られており、プレゼント、ギフトとしてもおすすめです。

 

 

ヴォリ・ウォッカ・ライト・オリジナル


ヴォリ ウォッカ ライト オリジナル 30度 1000ml

産地:アメリカ
アルコール度数:約30%

世界初の低カロリー・ウォッカとして有名な「ヴォリ・ウォッカ・ライト」
優良なフランス産の小麦と純粋な湧水を原料に、5回の蒸留と4回のろ過を経て造られています。

通常のウォッカより25~40%カロリーが低いこのヴォリ・ウォッカ・ライトは、アメリカではファッションモデルなどを中心に、主にカロリーを気にする女性に人気があります。

オリジナル以外にもオレンジ・バニラやマンゴー・ココナッツ、ラズベリー・ココア等々、フレーバーのついているものもあり、カロリーを気にしている方や、女性の方にもおすすめのウォッカです。

 

 

ベルヴェデール・インテンス

現在品切れ中

産地:ポーランド
アルコール度数:約50%

ウォッカ発祥地の地ポーランドの首都ワルシャワでしか収穫されないダンゴウスキー・ゴールド・ライ麦のみを原料に、33回もの品質検査が重ねられて出荷されるプレミアムウォッカ「ベルヴェデール・インテンス」
名前の由来は、かつて王族が住んでいた「ベルヴェデール宮殿」からきています。

アルコール度数は50%と高く、その分含んでいる水分が少ない為、ベルヴェデール・ウォッカの味わいが凝縮されています。
滑らかで力強い味わいを特徴としており、お酒好きの方へのプレゼントとしておすすめです。

 

-まとめ

© 2022 お酒のギフト・プレゼント比較サイト